予約システムのご案内011-200-1122

予約システムのご案内

受付時間/

月・金
07:45‐15:00
火・木
07:45‐13:00/16:00-19:00
水・土
07:45‐13:00
日(隔週)
09:30‐12:30

予約システムのご案内

その他診療 other

着床不全検査や不育症検査など患者さまからのご希望により
高度な特殊検査も行っています。

EndomeTRIO検査(エンドメトリオ検査)について

ERA検査(子宮内膜着床能検査)

・子宮内膜着床能検査(ERA検査)の目的

原因不明の反復性着床障害(良質な受精卵を複数回移植しても妊娠に至らない場合)の原因として子宮内膜の【着床の窓】が一致していないという報告が2014年にスペインのIVI Valenciaという施設から発信されました。 【着床の窓】つまり子宮内膜に受精卵が着床できる時間や時期は個人差があり、適切な時期に移植することにより妊娠が可能になるのではないかというものです。 当院ではERA検査をすることにより各患者様における【着床の窓】の結果から移植の時期を判断し、妊娠・出産をしていただくため実施しております。

・子宮内膜着床能検査(ERA検査)の背景

これまでは【着床の窓】を知る手段として子宮内膜日付診(組織学的基準に基づく方法)というものが一般的でした。しかしこの検査では正確に判断し移植時期を決定できるものではありませんでした。 ERA検査は患者様の子宮内膜組織より抽出したRNA産物をNGS(次世代シーケンサー)を用い、236個の発現遺伝子を解析することにより【着床の窓】を明らかにすることが可能になりました。 ERA検査を受けられた方の30%近くが【着床の窓】の時期がずれていたという結果が分かってきております。

・子宮内膜着床能検査(ERA検査)の方法

例といたしまして、ホルモン補充周期の場合は黄体ホルモン(P)投与開始日を0日とし、5日目(P+5)に子宮内膜を採取します。 自然周期の場合は排卵日から5日目(LHサージまたはhCG投与から7日目ーLH+7、hCG+7)に子宮内膜を採取します。この検査周期では移植は行いません。 なお、こちらはあくまでも推奨例であり、患者様と当院医師による最適な周期において子宮内膜採取を行っております。また子宮内膜を採取するため出血、痛み等を伴う場合もございます。 事前に医師、看護師より十分な説明を受けてからの検査をお勧めいたします。

EMMA検査(子宮内マイクロバイオーム検査)

・子宮内マイクロバイオーム検査(EMMA検査)とは

EMMA検査は、子宮内の細菌を網羅的にお調べし、細菌バランスが受精卵にとって良いかどうかを確認するための検査です。
従来、受精卵が着床する子宮内は、【無菌状態である】と考えられていましたが、近年、子宮内にも細菌が存在していることが分かり、特に反復着床障害の方において、 子宮内の細菌バランスが重要なのではないかという研究もされています。

・どんな細菌バランスが良いのか

2016年、アイジェノミクス社が子宮内膜における常在菌の種類と割合を調査し、ラクトバチルス属(乳酸桿菌の一部)の菌が90%以上を占める人はそうでない人と比べて 体外受精での妊娠成功率が高いのではないかということを発表しました。 (Moreno and Simon et al., 2016)

ラクトバチルス属が90%以上 ラクトバチルス属が90%未満
妊娠率 70.6% 33.3%
妊娠継続率 58.8% 13.3%
生児獲得率 58.8% 6.7%

この研究報告から、ラクトバチルス属が9割以上である方とそうでない方とでは、妊娠率・生児獲得率に大きな差があることが示唆されます。

・EMMA検査で調べる内容

EMMA検査で調べる内容は以下の3点です。
・子宮内膜検体におけるラクトバチルス属の割合
・次世代シーケンサーを用いることで、子宮内膜検体に存在している菌を網羅的に調べ、かつその割合
・子宮内膜の細菌が正常(ラクトバチルス属の比率が高い)か、異常(ラクトバチルス属の比率が低く、菌のバランスが悪い、または病原菌が存在する)か。
また、これらの検査結果から各患者様に合った適切な方針を提案します。

検査に必要なのは7mm程の子宮内膜組織で、ERA検査に使用するものと同じ組織を使用できます。
EMMA検査には以下のARICE検査が含まれます。

ALICE検査(感染性慢性子宮内膜炎検査)

・感染性慢性子宮内膜炎検査(ALICE検査)とは

ALICE検査は、従来の方法では特定することが難しかった慢性子宮内膜炎の原因菌を検出するための検査です。
慢性子宮内膜炎は、不妊症女性の約3割、不育症患者の6割が罹患しているといわれています。

・慢性子宮内膜炎について

子宮内膜炎は、子宮内膜に炎症が起きている病態のことで、細菌感染が主な原因です。
子宮内膜に炎症が起きても、月経時に子宮内膜がはがれると共に、炎症を起こしている細菌が体外へ出ていくことで自然に治る場合があります。このように一時的な炎症の場合を急性子宮内膜炎と言います。

一方で、細菌が子宮内膜の深い層まで入ってしまうことがあります。この場合子宮内膜が作られる度に感染してしまうので、自然には治りません。 これを慢性子宮内膜炎といいます。

・ALICE検査の特徴

慢性子宮内膜炎に自覚症状はほとんどなく、自分では分からないことが多くあります。
そのうえ従来の検査では、正確でない場合や原因菌を特定できない場合があり、診断そのものの判断が難しい感染症と言えます。
ALICE検査は、子宮内膜炎に関与していると言われる10種類の病原菌の有無と、その割合を調べることがでできます。

料金について

各検査の費用は以下の通りとなっております。

・ERA検査のみ120,000円(税抜)
・ERA検査+EMMA検査+ALICE検査140,000円(税抜)
・EMMA検査+ALICE検査60,000円(税抜)
・ALICE検査のみ40,000円(税抜)

他院で体外受精(ART)等の不妊治療を行っている方は、お電話(011-200-1122)にてお問い合わせください。